スギタニです。

Webマーケティングと経営課題をいっしょにして解決していくための考え方を、このブログを通じて発信していきます。

それでは、はじめていきましょう。

世の中の消費動向やトレンドがめまぐるしく変化していく現代です。

あなたが持っているスキルやビジネスが未来永劫にわたって安定した成果を出し続けるということは、ほとんどの場合においてありえないことです。

それはもやは、あなた自身が覚悟していることですよね。

ではそれを、安定した環境のなかで運営していくためには何をかいけつしたらいいのか、それについてをお話していきます。

スポンサーリンク

複雑化する経営課題

経営課題という書き方をすると、それは企業のことのように受け取られかねないものです。

しかし実は、個人事業主やひとり起業をしている方にも同じことがいえます。

金銭面、営業施策、人材の確保、売上確保といったことが目白押しになって経営の課題として押し寄せてくる理由はただひとつ。

トレンドの変化のスピードが早くなっているからということ。

このトレンドのスピードは、取りも直さず情報化社会が招いているんですよ。

たとえば、年末に発表される流行語大賞にノミネートされることばを見たとしましょう。

「あれはいったいどういうことだ?」とか「ああ、あのことばって流行ったよね」と言っている時点でトレンドをフォローできていないわけです。

もちろん、だからといってすべてのトレンドをフォローすることなんて物理的にも時間的にも不可能です。

むしろそれだけの時間があるのであれば、あなたのスキルやビジネスを高めるために利用したほうがいいでしょう。

情報収集も、役に立てないものを拾い続けてもゴミ屋敷ができあがるだけですから。

変化のスピードを専門家のフォローでまかなう

とはいえ、トレンドに対する対応力を自力で持ち合わせている場合であっても、それを維持するのが困難な時代でもあるわけです。

だからこそ、世の中にはさまざまなコンサルタントが存在するようになってきました。

それらコンサルタントの発信する情報の取捨選択から、あなたのビジネスをボトムアップさせるための意思決定がなにより大切なんですよね。

つまり、経営課題を解決させるために情報収集をするべきことは、こういうことです。

トレンドを追いかけることではなくて、あなたのビジネスが抱えている課題を解決するためのリソースを求めること、これがなにより重要になってきます。

逆に言えば、経営課題を顕在化できなければ、あっという間にトレンドに淘汰されるということ。

そのしのぎの削り方が、このご時世ではあっという間に過ぎ去っていくわけです。

Webマーケティングと掛け合わせる

ではなぜ、経営課題をWebマーケティングと掛け合わせるのか。

それは、あなたのビジネスを展開するための情報を発信しつつ、あなたのビジネスが将来的にステップアップするための手段になりうるからです。

今、手持ちのスキルやビジネスモデルが未来永劫続くかどうかなんて、誰だってわかりません。

でも、それを延命させることはできます。

そして、今のビジネスモデルを手放して、あたらしいモデルを展開していくときに、あなたやあなたの企業がそれまでにどれほどのベネフィットを提供してきたかが、あたらしいビジネスモデルを展開するための大きなレバレッジになるわけです。

世の中のWebマーケティングを名乗るコンサルタントが、情報発信の重要性を説く理由はこれです。

コンサルタントをしながら、コンサルタントを育成する

私自身、Webで情報発信を繰り返してきてから学んだことは数多くあります。

さらに、多くの企業経営者や個人事業主の方とお話を重ねて学んだこと、さらには企業幹部として育成してきたなかで学んだことをかけあわせることでのベネフィットを、このブログを始めとする情報発信でお伝えしていく覚悟です。

私が目指すものは、つぎのふたつです。

経営課題を解決しつつ、発展するためのWebマーケティングを同時に叶えるビジネスモデルの構築

そして、

私と同じ価値観を持つコンサルタントの育成

これだけです。