スギタニです。

コンサルタントって、「私はコンサルタントです」と名乗った瞬間からコンサルタントになれるんですよね。

どこかのコンサルティングファームに属していればわかりやすく、そうでなくてもフリーで活動していても名乗ったらそうなれるもの。

だから、ネットビジネス界隈には多く見られる「なんちゃってコンサル」がはびこっている今、ちょっとお灸を据えておこうかなと感じましてね。

ええ、「なんちゃってコンサル」って、クライアントのことを見ていなくて、自分が儲けることばかりを考えていますからね。

スポンサーリンク

無料相談で集客とか無理だし、継続しない

コンサルタントを名乗り始めたら、まずは集客に躍起になりますよね。

そのためにブログやSNSで発信したり、ランディングページをつくったりするものですが、そのときに、場数を増やそうとして無料相談受け付けます!なんてやっている人、苦労してません?

いくらブログやSNSでいいことを言っていたとしても、無料相談となると相手もそんなに見返りを期待せずに申し込んできますからね。

これって、クーポン雑誌をパラパラと見て、適当な飲食店をさがして予約するのに似ているんですよ。

値段しか意識していないから。

だとしたら、はじめからあなたが欲しい対価を明確に打ち出してから情報発信をしつづけているほうがいいに決まっています。

無料でもいいと思っていたら、それなりの対応になっちゃうんですよ、こちらも。

逆に、身の丈よりも少しだけ高い値決めにしてから臨むと、こちらも覚悟が決まりますからね。

もちろん、それに見合った情報を発信していることで、クライアントの信頼を得ていることはいうまでもないです。

クライアントはお客様、選んでいただくという意識

これ、ことばの使い方ひとつで態度も変わるという典型なんですが、「クライアントを獲得する」という言い方をしているあなた、その言い方は改めなきゃダメですよ。

それじゃまるで、あなたがお客様を選んでいるみたいでしょ。

いや、いいんですよ、「こんなクライアントと一緒にお仕事をしたい、こういうクライアントの問題解決の力になりたい」って思っているんだったら。

でも、「クライアントを獲得する」って、それじゃお客様に来てもらうことが手柄みたいになっていますよね。

そんなマインドだと、クライアントの問題解決じゃなくて、本質はあなたの売上至上主義になっていることに気づいてくださいね。

お客様に選んでいただく、その意識がないと実績も信頼も積み上がりませんよ。

言ったことは必ず守る、時間と納期はマスト

あなたのスキルを正しく見積もっておかないと、クライアントから相談されたことをなんでも安請け合いしてしまうことになります、というか、もうすでになっていません?

受けたら受けたで履行することは、クライアントとの契約ですからマストです。

でも、クライアントが甘えで言ってきたこと、クライアント自身が解決できるのにそれを依頼してきたらきちんと断りましょうね。

お互い、時間がないなかで問題解決を図ろうとしているわけです。

仕事の按分は適正に行いましょうね。

そういう点では、時間を守るということはコンサルタントにかぎらずビジネスマンとしては最低限のマナー。

アポイントの時間は、リスケをしない覚悟で厳守するスタンスを取りましょう。

ほんの5分の遅刻さえ相手の時間を奪っているわけで、クライアントによってはそれで契約解消になることだってありますからね。

時間にルーズな人って、なにやっても信頼も期待もできないですからね。

さあ、クライアントに選んでいただくコンサルタントに変化していきましょうか。