スギタニです。

企業向けのサイトをリニューアルするというので、アイデアを出して欲しいという相談を受けました。

クライアントとしてではなく、あくまで相談でということなので、どんなことをお伝えしたかをここに書いておきます。

今から書くことって、「ホームページ万能説」と過信している人たちにとっては耳の痛い話ですが、よくわきまえておいてください。

スポンサーリンク

手段が目的になってしまう

相談をくださった方は、すでにサイトを持っていらっしゃるけれども、かれこれ10年くらいはシステムの更新をしていらっしゃいません。

レスポンシブデザインでもなければ、モバイルフレンドリーでもないし、コンテンツが多すぎるんですよね。

そんな中で相談を持ちかけられたのが「どんなシステムを使えば、更新が楽になりますか?」という切り口でした。

いやいやいやいや、それ違いません?

そもそもサイトをリニューアルしたい理由っていうのが「更新をしやすくする」ということなら、その上流にある課題を明確にしておかないと何も解決しないんですよ。

これまで10年間も手を付けてこなかった理由が、サイト管理担当者が更新するのに難しいシステムだったからだと思いこんでいませんか、と。

そこでヒアリングです。

コンテンツもデザインも、閲覧者ファーストで

結局、話をよく聞いてみたら、サイトを管理しているシステムが複雑すぎて、サイト全体のコンテンツを把握できていなかったという事態に陥っていました。

これ、システム優先で設計してしまっているから、コンテンツの重要性やらサイト閲覧のターゲティングができていない典型だったんですよね。

そこで、あらためて手書きで「サイトマップ」をつくってもらいましたよ。

あなたの企業がサイトを通じて発信したい内容はなんですか?と。

ここで発信したいコンテンツを明確にしていくのですが、作業をしてもらってわかったのは、出てきたコンテンツはだいたいにして今現在のサイトが有しているものとそれほど差がなかったんですよね。

そりゃそうです、見慣れているサイトなんだもん。

そこで、ではそれをどういう層に、どういう場面で見てもらいたいのですか、と尋ねたときに方向性が変わっていきます。

閲覧する層が使うデバイスに沿ったデザインであること、できるだけ階層を深くしないことといったいわゆる外堀をつくっておくことからはじめないと、今回のような相談ってほぼ失敗します。

Webデザインもマーケティングの一部

サイト構築ひとつとっても、企業にしてみれば自社の強みや成長戦略、ターゲティングができていなければただの飾りなんですよね。

お金をうまないサイトにコストをかけるのってバカバカしいじゃないですか。

そういう意味では、サイトリニューアルという入口でしたが、ここからはじまる自社を見つめ直すというプランニングもコンサルタントとしての導線には必要になってくるんです。

安直な考えでWebを使おうと考えている方は、もう一度このあたりのことを見つめ直してから相談してくださいね。